スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2008年09月12日

三井アウトレットパーク 仙台港(2)

前回に続きまして、画像満載の「三井アウトレットパーク 仙台港」の取材模様をお送りします。日をまたいで今日、いよいよオープンしましたね。


取材の最中に携帯でブログをアップし、「どこか取材して欲しいところがあれば~」と書いたところ、前回の「編スタ~」でお世話になりましたあくりくりさんより、「Hula HAWAII」の探検をおおせ使いました。これもブログのなせる業。



こちらです。












こちらのお店の商品が「これは!!」という程安いかどうかはわかりませんが、他のお店など見たところ、結構ディスカウントされています。私も欲しかった時計が結構安くなっていたので、今度買いに行こうかなと思っています(混んでいるのが苦手なのでしばらくは来ないと思いますが・・・)。あくりくりさん、こんな感じで宜しいでしょうか。


ひたすら歩き回っていたので、ちょっと休憩したいと思った矢先、絶妙なタイミングで声をかけていただいたのこちらの「BUFFET FOUR EROOMS(ブッフェ フォールーム)」さん。有難いことに無料で試食をさせていただきました。





こちらは、それぞれテーマをもった4つの部屋(ROOM)から構成されているお店。このようなアカデミックな雰囲気の部屋(LIBRARY)もあれば・・・



子供も喜ぶような部屋(KIDS ROOM)もあります。他にも「SUN ROOM」や「LIVING ROOM」という部屋も。これが全部お店の中にあるのです。すごい。















メニューはイタリアン・コンチネンタル・和食・サラダ・デザート等等、60種類以上とかなり豊富。好みが分かれても、好きなスタイルで楽しむことが出来てとても便利。この日はシェフがその場で料理をしてくれたり、注文してからおすしを握ってくれたりもしてくれました。部屋の嗜好も全く異なるので、何度行っても違う楽しみ方が出来ますね。お勧めです。




ちなみに私が選んだ品々。この他にもビーフやパスタも少々。お寿司や麺類なども食べたかったのですがさすがに・・・それでも大満足。ごちそうさまでした。

◆ブッフェ フォールームス バイキング料金(ソフトドリンクバー込)
・ランチタイム・・・・・・平日   11:00~17:00 1.600円 小学生1.000円
             土日祝  11:00~17:00 1.800円 小学生1.150円
・ディナータイム・・・・平日/土日祝17:30~21:00
             2.300円 小学生1.280円
・オールタイム・・・・・幼児 535円  3才以下 無料



お腹も一杯になり再び施設内散策へ。


こちらはちょっとしたイベントスペース。「三井アウトレットモール 仙台港」では、パフォーマーを募集しているようです。「我こそは!」という方は応募してみてはいかがでしょうか。
問い合わせ先はこちら



施設内にはこのようにファーストフードのお店も。ベンチが比較的多めに設置されているので、一休みも安心。


続いてはフードコート「杜のキッチン」へ。こちらは「東北の味めぐり」をテーマにした食専門のスペースです。そういえばあくりくりさんとぺりどっとさんから、ぴょんぴょん舎の調査を頼まれていました。







フードコートではこの後行われるパーティの準備の真っ最中でした。



盛岡冷麺で有名な「ぴょんぴょん舎」さんは、「オンマー キッチン」という名で出店。



東北の駅弁が食べられるその名もズバリ「駅弁工房」さん。



「神室庵」さんでは山形そばと稲庭うどんがいただけます。



いわずと知れた「喜久水庵」さん。他にも画像はありませんが、味噌煮込みハンバーグの「まる亀」さん、海鮮の「どん辰」さん、炭火焼き豚丼の「まる家」さん、ドンブリの「ABURIYAJUBEY」さん、仙台辛味噌の「味よしラーメン」さんなど、合計9店舗が軒を連ねます。全く各お店のメニューを一列に並べて右から左へ全て平らげてしまいたいくらいです。



座席総数は550完備。広い。



取材もいよいよ大詰め。何かと話題になっているこちらの観覧車。施設のランドマーク的シンボルになるかどうかということで・・・



試しに乗ってみることに。






仙台港が綺麗に見えました。




観覧車てっぺんは高さ約50m。カメラマンのカッキーは高いところが苦手らしく震えています。



駐車場は臨時も含めて4000台。上から見ても相当あります。それでも今週末は入りきれないくらい混むのでしょうね。


観覧車は約13分程で1周しました。夜にはイルミネーションでライトアップされるとのことで、恋人達のデートスポットになるかもしれません。


<まとめ>
このエリアでの大型アウトレットは若林区在住の自分的には助かります。街へ大掛かりなの買い物へ行きたくても車では中々いけないし、そういう方は便利になるのではないでしょうか。そんなに高級なお店ばかりでもないので、家族連れ十分にも楽しめます。他のアウトレットと違い、観光的要素も取り組まれているので注目度もあり、地元にも環境客にも重宝されそうですね。明日明後日は「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」とのタイアップイベントも行われる他、10月は「みちのくYOSAKOIまつり」とのタイアップ、冬は「SENDAI光のページェント」とのタイアップなど地元の大型イベントとも積極的に連動をしています。些細な点で感じたことはトイレがちょっと少ないかな?というところ。本日9月12日、10:00よりグランドオープンをしておりますが、相当の混雑が予想されます。足を運ばれる方は気をつけて行ってきてください。






◆三井アウトレットパーク 仙台港
◆仙台市宮城野区中野出花123
◆URL:http://www.31op.com/sendai/

  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 15:13Comments(3)オープン前に行って来ました

2008年09月11日

三井アウトレットパーク 仙台港(1)

 今回の「編集長とスタッフが行く!」は、明日9月12日(金)にいよいよグランドオープンする三井アウトレットパーク 仙台港。オープンに先立って先日9日(火)に行われた記者発表及び内覧会の取材模様を報告したいと思います。まずは取材レポに入る前に三井アウトレットパーク 仙台港とは???ということで簡単に説明をしたいと思います。


◆三井のアウトレットパークの取り組み

三井アウトレットは1995年、大阪・鶴見に、日本初の本格的ファクトリーアウトレットとして誕生し今回の仙台港で8施設目。日本におけるアウトレットモールの先駆け的存在になります。三井不動産は「東京ミッドタウン」や先日開業した「赤坂サカス」も手がけており、今回のアウトレットはかなり気合が入っている様子でした。

◆三井アウトレットパーク 仙台港の特徴
そもそもは2007年3月に宮城県・仙台市が実施した「みなと仙台ゆめタウン 仙台港背後地   センター事業提案募集」において当選したプロジェクト。夢メッセ宮城、アクセルと既存の商業施設による集客や、カインズモール仙台港、東京インテリア家具を始め様々な施設もオープンを控え、これから益々の発展が期待される仙台港の中心的な存在を担うことを目標としているようです。





◆施設概要
総敷地面積・・・・・・・・・・・・・約87.000㎡
店舗数・・・・・・・・・・・・・・・・・120店(うちアウトレット店 98店舗)
店舗面積・・・・・・・・・・・・・・・約20.000㎡
駐車場台数・・・・・・・・・・・・・約2.000台(臨時駐車場含め4.000台)

⇒東北発の本格的ファクトリーアウトレット(東北最大の店舗面積・店舗数)


◆施設の特徴
・フードコート・・・・・・・・・・・・東北の名産を美味しく食べられる落ち着いた空間のフードコート。
・マーケットストリート・・・・・・観光・レジャースポットとしての機能も備え、東北の温泉グッズや
                  お土産、駅弁などが揃ったマーケットストリート。
・様々なイベントの実施・・・・センタープラザにイベントステージを用意。地域とのリレーション
                  シップを高めるイベントを展開。
・高さ約150mの観覧車・・・・昼は眼下に仙台港を一望。夜はイルミネーションによる
                  美しい装飾。
・バラエティ豊かな店舗・・・・アウトレット日本初出店の11店舗を含む東北初出店82店舗と
                  なる多彩なブランドが集積。


説明すればきりがないので、画像を紹介しながら見てみましょう。
※恐らく本コーナーを開始してから、最も画像の多い回です。



記者会見はお隣のアクセルにて行われました。



プレスは150名くらい来ていたでしょうか。



資料もがっちり渡されます。



記者会見が始まり、Y社さんから「近日オープンする同業他社のアウトレットに対する勝算は?」という先制パンチの質問が。苦笑いしながら、やわらかくも自信にあふれる口調で答える東北支社長の植草氏。でもその質問が最初に来るか?



仙台人の不思議。席が空いていても前に着席せず真ん中や斜め後方から座るところ。我々は最前列に陣取りました。だってよく見えるし。



記者発表に出席した全員に、記念のお土産にレスポのポーチと2000円分の商品券が配られました。ちょっと嬉しい。



記者発表会場から現地へ向かいます。



敷地内に入っても広いので入口まで中々つきません。



施設内潜入。12日のオープン時は相当の混雑が予想されますが、この日はプレスのみなのでガラガラ。人ごみの苦手な私にとっては実にちょうどよい人数です。


ここからは全てとはいきませんが、順不同でいっきにお店を紹介します。


































フェラガモさんあたりは取材も結構受けているようでした。


それにしても店が多いです。まだまだ魅力的なお店が100店舗程ありますが、カメラマンカッキーの指が壊れてしまうのでここらへんで視点を変えてお店以外のショットを。


2階から見た絵。




エスカレーター






案内看板それぞれ。




ウロウロ。



喫煙所。




長くなったので今回はこのくらいで。次回はあくりくりさんに依頼された「Hula HAWAII」やレストラン、フードコートの取材模様、あとは観覧車についてもご紹介したいと思います。


続く。








  


Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 16:36Comments(0)オープン前に行って来ました