2010年02月23日

「トータルテンボス」「オリエンタルラジオ」インタビュー(3)

※前回からの続き


------

「僕達に出来ることって、
       人を笑わせて幸せにすることくらい」




(オリエンタルラジオをマジメに誉めるとしたら?)という質問に対し

ト藤田:あのね、あのー、(オリエンタルラジオは)自分達が発展
     途上だっていうのがすごいわかっているというか、一気
     にバーって世に出たじゃないですか。

ト大村:うん、すごかった。

ト藤田:それが落ち着いた感じに今なっているんですけど、そこ
     で腐ったりせず、「今からがスタートだ、リスタートなんだ」
     みたいな感じで、ここからもう一回お笑いを学んで面白く
     なっていこうというモチベーションとかがすごい強くて。
     多分自分達が同じ状況だったら辞めていると思うんです
     よ。

ト大村:実際な。ドーンと自分達の番組持って、それが無くなっ
     たりしたら俺ら駄目なんじゃないかってなっちゃうなお前
     は。

ト藤田:俺はそうなったら恐らくもう芸人は辞めて土方をやって
     いると思う。

ト大村:何だよそれ!土方の人に謝れ!

ト藤田:結構心ね、折れる感じなんですけど、芯が強くて前向き
     にモチベーション保って、なんだったら今が一番面白い
     んじゃないかなって、すごく思いますね。

オ藤森:(オ中田と共に感動した面持ちで)ありがとうござい
     ます。

ト大村:本当、すごいですよ。貪欲ですよ。お笑いの自分達の
     スキルアップの為に盗むところは盗む、聞けるところは
     聞くという。



―   そういえば友人がオリラジさんのライブを見に行っ
     て、テレビで見ているオリラジさんとは違うモノが見
     れてすごく面白かったって興奮していました。


ト藤田:おおー。でも正直テレビで見ているオリラジって、
     つまんないじゃないですか。

オ中田:つまんなくねえだろ!!

ト大村:馬鹿じゃないか!

オ中田:何照れ隠し入れちゃってんだよ!

ト大村:(気を取り直して)いや伸びますよ、彼らはまだまだ。

ト藤田:そう、そのライブをね、彼らはそんなに経験せずにバー
     っていっちゃったんで。うちらは逆でライブばっかりだった
     んですけど。でも彼らは今着々とライブをやってて。
     それはすごい偉いと思う。一回テレビを経験した人間は
     なかなか出来ない。



ト大村:あともう本当に仲良いですからね。何でもぶつけ合うっ
     ていうのはやっぱり良いんじゃないですか。もう喧嘩も
     していますし、良い事だと思いますよ。建設的な喧嘩
     だと思います。

―   先輩に言われていますが。オリラジさんの方はいか
     がですか。では藤森さんから!


オ藤森:番組とか見てたらね、やっぱり・・・

オ中田:誉めようとしている時に携帯を見るなよ!
     (ト藤田が携帯をいじっていて)。

オ藤森:今からいい話をしようとしているのに!
     (気を取り直して)でもこんなに一番可愛がってもらって、
     またいい意味で厳しくしてもらっている先輩はトータル
     さんだと思いますし、番組ではあれだけふざけています
     けど、やっぱり熱い人達なんですよね。すごい真剣です
     し。まだ今は正直甘えている部分はあるんですけど、
     この番組を一緒にやらせてもらってから、僕らの新たな
     一面をすごく引き出してくれたかなと。あと二人とも既婚
     者でして。やっぱり家族の話とかよく聞くので。やっぱり
     そこが憧ていますね。仕事と家庭を両立していてね。
     家族ぐるみの付き合いみたいなことも聞きますし。



―   やっぱりこの番組を通して関係は?

オ藤森:より濃密になりましたね。はい。大好きです。

ト大村:良い事言うな。

オ中田:トータルテンボスさんはあのーまあアフロと茶髪で。
     ハンパねえハンパねえという。一見ちゃらちゃらしてい
     る感じもあるのかもしれないですけど、すっごいマジメ
     なんです、お笑いに関して。やっぱりそこがすごい勉強
     になるというか。そこが最初から好きだったんですけ
     ど。ネタとかも手を一個も抜かないところとか。
     どの現場でも全力でお笑いをやるという。そしてやっぱ
     りカッコいい兄さんだなと思います。あと吉本のNSC
     って養成所があるんですけど、その養成所の7年先輩
     なんですけど、東京のお笑いの先輩っていう意味でも、
     大阪よりも歴史が浅いので、そういう意味でも同士と
     いうか。東京のお笑いの兄さんとして、公私共にすごく
     リスペクトさせていただいています。




―    なんか聞いていて嬉しいですね。


ト大村:いやあ気持ちいいですね。

ト藤田:そうですね。僕らやっぱテレビに出ている時、
     つまんねえイメージしかないと思うんですけど・・・

オ中田:ねえよ!やめちまえよ!

ト大村:失礼なこと言うんじゃないよ。二人ともテレビで
     つまんねえみたいじゃねえかよ。二人とも面白
     コンビだよ!

―   (笑)ありがとうございます。さて今回、番組でコラボ
     して新商品を作りましたね。


ト大村:そうなんです!地元宮城の「たまご舎」さんの協力で、
     「このへん!!トラベラー コラボ企画 蔵王のたまごぷり
     ん
」というものを作りました!

オ藤森:僕達それぞれで希望を出して「いちご」「チョコレート」
     「ゴールドメイプル」の3種類が出来ました。藤田さんの
     「豚キムチ味」は却下でしたけど(笑)。本気でメチャメ
     チャ美味いので是非宮城の皆さんに買って食べていた
     だきたいですね。

―   では最後の質問なのですが、宮城県の「このへん!!
     トラベラー」の視聴者や「だてBLOG」ユーザー、
     「るるぶFREE仙台」の読者に一言。代表の方にで
     も。


オ藤森:じゃあリーダー代表で大村さん。

ト藤田:サブリーダーは敦彦ですよ。

オ中田:サブ俺かよ!(笑)藤田は?

ト藤田:あとは並列。

ト大村:やっぱり特別なことは出来ない4人なんですよ。不器用
     ですし、ジャニーズみたいにカッコいいわけでもないです 
     し。歌がうまいわけでも踊れるわけでもないんですよ。
    人を引き付ける技は何もないんですよ。ただ!僕達に出
    来ることって、人を笑わせて幸せにすることくらいしかな
    いんですよ。

ト藤田:最高じゃねえかよ!十分なんだよ。そういう仕事なんだ
     よ俺らは!

オ中田:僕らに出来るのは本当にそれだけです。面白い番組を
     作ることしか!出来ないんです。

ト藤田:だから最高じゃねえかよ!

ト大村:本当にすいませんって思っているんですよ。本当に人を
     笑わせてあげるくらいしか出来ないんで。

ト藤田:それでいいんだよ!それだけでいいんだよ俺ら。

ト大村:それだけを伝え続けていきたいと思うのでこれからも見
     て下さい!

―   今日は本当にありがとうございました!

 



 
 「難しい芸人さんだったらどうしよう・・・コンビ仲や芸人同士の仲が悪かったらやりづらいな」という私の一抹の不安は全くの杞憂に終わり、笑いが耐えない(このとき肋骨を骨折していた自分にとってはある意味大変な)時間でした。

 トータルテンボスの大村さんはとにかく「男らしい」という言葉が当てはまってカッコ良い!それでいてイタズラ小僧的な笑顔がまた魅力。藤田さんはとにかくボケまくり、聞き手一人という状況でも全力で相手を笑わせるプロ魂と、熱く語る側面も。中田さんは時にボケ、時に的確なツッコミと二つのコンビを実にうまく際立たせており、藤森さんは話をしている時は絶対に目をそらさずにジッと相手を見て、番組におけるマスコット的な役割を、その端正な顔で担っていました。
とにかく皆さん本当に驚くほどびっくりするほどナイスガイな方々で、ありえないくらい仲良し。ロケの空き時間等も、普通にお店の中の商品を一緒に見ながら談笑していました。ハードスケジュールのロケの後で疲れているにもかかわらず、私自身、リラックスしてまるで友達と話をしているかのような錯覚をおこしてしまうくらい、とにかく気さくな方々。すっかりファンになってしまいました。
 番組開始から10ヶ月が経ちますが、改めてこんな番組が宮城だけでしか見れないなんて実に贅沢。これからも応援していきたいと思います。番組コラボ企画で新発売した「蔵王のたまごぷりん」も美味しくておすすめです!(そこはしっかり試食をしただておとこなのでした)



 同い年の3人だったりします。高校時代はハンドボール経験者の大村さんと、同じく高校時代は野球部エースだった藤田さん。取材後、私が「ハンドボール経験者の野球バカ」で、奇しくも同じ1975年生まれとわかると、「記念に」と1枚一緒に撮っていただきました。こういうところもすごく気配りがあるんです。しかし大村さんは本当にカッコいい男子。男が男に惚れるとはこのことか。



【トータルテンボス】



●大村朋宏(※写真右 おおむら ともひろ、1975年4月3日 )
  ボケ担当。静岡県御殿場市出身。身長177cm。血液型O型。
  静岡県立沼津東高等学校卒業、明治大学中退。高校時代は
  ハンドボール経験者。

●藤田憲右(※写真左 ふじた けんすけ、1975年12月30日 - )

  ツッコミ担当。静岡県御殿場市出身。身長181cm。血液型A型。
  静岡県立小山高等学校卒業、中央学院大学中退。高校時代は
  野球部のエース。



【オリエンタルラジオ】

●中田敦彦(※写真左 なかた あつひこ、1982年9月27日 - )
  ボケ担当。大阪府高槻市出身。身長173cm。血液型O型。
  慶應義塾大学経済学部卒業。愛称は「あっちゃん」。キャッチ
  コピーは「理論武装SEXYモアイ」

●藤森慎吾(※写真右 ふじもり しんご、1983年3月17日 - )
  ツッコミ担当。長野県諏訪市出身。身長169cm。血液型B型。
  明治大学政治経済学部卒業。愛称は「しんご」。キャッチコピー
  は「関東一の媚売り眼鏡」


◆番組名    :地元応援バラエティ「このへん!! トラベラー
◆出演者    :トータルテンボス、オリエンタルラジオ
◆放送日    :毎週木曜日 深夜24時59分~TBC東北放送 

【コラボ企画蔵王のたまごぷりん】
地元応援バラエティ「このへん!!トラベラー」と「森の芽ぶき たまご舎」のコラボ企画商品、蔵王のたまごぷりん「仙台いちご」「生ショコラ」「ゴールドメイプル」の3種類の新作プリン。店頭及び仙台駅3F(みどりの窓口前)で大好評発売中。


各1個280円(税込) 3個入800円(税込) 

発売日には、早速「たまご舎エキナカ店」の店頭に並んだ商品を紹介していました。




『(C)KYORAKU吉本.ホールディングス/TBC東北放送』


【森の芽ぶき たまご舎】店舗のご案内
蔵王本店           営業時間9:00~18:00
愛島本店           営業時間10:00~19:00
錦が丘店           営業時間10:00~19:00
仙台エスパル店       営業時間10:00~20:30
エキナカ店           営業時間7:00~21:00(仙台駅3Fみどりの窓口向かい)
イオンモール名取エアリ店 営業時間9:00~23:00(2月25日オープン)
あら 伊達な道の駅 ヨークベニマル 市名坂店
※お取り寄せは:森の芽ぶきたまご舎オフィシャルホームページより、発送可。


★番組特製サインプレゼント★
トータルテンボスとオリエンタルラジオにそれぞれ書いていただいた番組特製サイン色紙を、抽選で1名様にプレゼント!詳しくはこちらの問合せ各項目の他、住所・氏名・年齢、そして今回のインタビューの感想などを記入していただきご応募下さい。
※締め切り3月15日(月)、当選は発表をもってかえさせていただきます。




同じカテゴリー(インタビューしました)の記事画像
「トータルテンボス」「オリエンタルラジオ」インタビュー(2)
「トータルテンボス」「オリエンタルラジオ」インタビュー(1)
熟音エイジ 密着「CHEEP PURPLE」(2)
熟音エイジ 密着「CHEEP PURPLE」(1)
『美女と野獣』舞台設営取材&監督インタビュー(2) 
『美女と野獣』舞台設営取材&監督インタビュー(1)
同じカテゴリー(インタビューしました)の記事
 「トータルテンボス」「オリエンタルラジオ」インタビュー(2) (2010-02-21 16:00)
 「トータルテンボス」「オリエンタルラジオ」インタビュー(1) (2010-02-19 13:02)
 熟音エイジ 密着「CHEEP PURPLE」(2) (2009-01-31 14:04)
 熟音エイジ 密着「CHEEP PURPLE」(1) (2009-01-28 23:24)
 『美女と野獣』舞台設営取材&監督インタビュー(2)  (2008-10-11 17:57)
 『美女と野獣』舞台設営取材&監督インタビュー(1) (2008-10-10 18:33)

Posted by だてBLOG編集長「だておとこ」 at 22:02│Comments(0)インタビューしました
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「トータルテンボス」「オリエンタルラジオ」インタビュー(3)
    コメント(0)